TOPへ  ブランド別TOP (あえてWikipedia風で)   初版:14-03-07  Wikiの本家(?)ページ

リジョイ
 リジョイ(Rejoy)は、P&Gが製造・販売していたヘアケア製品のブランド名である。

 1:概要  2:沿革  3:TVCM出演者  4:備考  

1:概要
 1988年発売。 日本のP&Gとしては初のヘアケア製品であり(注1)、当時流行していたリンスインシャンプーブランドとして展開。
シルクセインリンス(シリコンポリマー)配合を訴求。
日本では2007年に生産終了となったが、諸外国では現在も別名称(備考参照)で展開されているブランドである。



2:沿革 
1988年
「ノーマル〜オイリーヘア用」(緑[a])
「ドライ&ダメージヘアー用」(青[b])の2種で発売開始。
200mL・480円  370mL・840円  750mL(ポンプサイズ)・1650円(税抜) 白を基調としたボトル。
TVCMでは「ワンステップ」をアピールしていたが、
その後「シングルステップ」に言い直している。

1989年
改良発売。泡立ちさらにアップ。

1990年
「ノーマルヘアー用」(緑[e])「ドライヘアー用」(青[f])
「パーマヘアー用」(紫[g])「ダメージヘアー用」(橙[h])
の4種にラインナップ変更。

1991年
「フケ用」がラインナップに追加。計5種類になる。

1992年
組成等変更。
キューティクルコート入りのダブルケアトリートメント発売

1993年
「保水成分」入りをアピール。
ドライヘアー用とパーマヘア用が廃盤。(これでフケ用含め、3タイプに)
ポンプ容量が600mLに。

1995年
「コンディショナーイン」をアピール。

1996年
ノーマルヘア用→ サラサラタイプ(青)
ダメージヘア用→モイスチャーリッチ(赤) に呼称変更。

1999年
緑を基調としたボトルに変更。「トリートメントイン」をアピール
「しっとりうるおう」タイプと、「フケ・かゆみを防ぐ」タイプの、2種類になる。

2000年
待ち行く一般人を無言でシャンプーするTVCMが話題に。
坊主頭の出演者は、このCMを企画した「カトシン」こと加藤真也。

2003年3月
「しっとりうるおう」タイプ(組成変更無し) と、「フケ・かゆみを防ぐ」(組成変更有り)の 2タイプ体制に。
詰替用初登場。
200mL 550mL 替400mL(全てオープン価格)の3サイズに加え、1000mLの特大詰替用も一部で販売。

2007年9月
生産終了。




3:TVCM出演者
 小牧ユカ 荒井乃梨子 生田智子 栗山久美子 武田雅子 
 大家由祐子  前園佐織 
 具志堅ティナ 音羽綾 宮永里佐 後藤妙子 吉野真弓 岡田智子 
 萩原聖人 高島夕佳 杉山愛 親子シリーズ 
 神木隆之介 カトシン(加藤真也) 野田よし子 




4:備考
 2007年9月に生産終了した後に、代替商品が見つからない愛用者により「リジョイ難民」なる言葉も、ネット上で生まれた。 

海外では「ReJoice」、「PERT」、という別名称で発売されている。
なお、「リジョイスはリジョイのパクり」 だとする記載が時々見られるが、
名称と若干組成が違うだけの、両方ともP&G社による正規品である。
また、「リジョイ」というのは日本だけの名称であり、
世界的にはむしろ「Rejoice」の方がスタンダードである。

では何故日本では「ReJoice」という名称で販売しなかったのか…というと、
花王が商標を押さえていたから…という説が有力である。





注釈
注1

P&G(ジャパン)社の前身のひとつ、ミツワ石鹸としてはシャンプーなどを販売していた。
inserted by FC2 system